• いりごま

各キャラへの所感【ジナとSQ】

※ネタバレ満載のため閲覧注意※

パッションでしかない各キャラの感想シリーズ。

とりあえず1ページにつき2人分ずつ使ってく感じでいこうと思います。

今回はジナとSQ。ペアとか特に気にせず投票画面順です。

※10/6……改行等ちょっと調整。「印象について」に「この人は~な人」というまとめ?を書き足し。



ジナ

「嫌……かな」が可愛い。NOと言える地球人代表。

みたらしの話に食いついてくるところも可愛い素敵な航宙管制官ジナちゃん。


印象について

第一印象はちょっと地味な子。


いや、LOOP1の他3人が目立ちすぎるだけなんよ。

交流を重ねた今のジナへの印象は物静かで大人しくて、口数は少ないけど誠実で素直で芯のある女性といった感じ。器が大きい子だと思う。

本人は自分から冗談言ったりしないけど、他の人の言った冗談には笑ってくれたりするそんなところも好き。


美味しいご飯でご機嫌になるところも可愛くて好き。



グノーシア汚染者の対策会議の投票も本当ならこんなことやりたくないと思っていて、前日複数人が凍っていてみんな人間だった時のドクター報告のセリフにも優しいジナのやるせなさが出ていて好きです。

グノーシアになった人が元に戻ったら良いのにって本気で思ってるところとかこんなことになってしまって自分が消される時が来ても、グノーシアだった人の事を恨んで消えたりはしなさそう。


ノマエン後にSQと一緒にいるところを見るに自分が嘘をつくことと他人が嘘をつくことは割り切って考えているように見える。自分が嘘をつくのは嫌いだしなるべくつかないけど、他の人の嘘については内容にもよるけどそんなに目くじらてて嫌悪感出したりしなさそうに思う。



グノーシア汚染されたジナについて

グノーシア汚染されている時は、グノーシアとしてなすべき事は為すべきと腹を括っていて本当は嘘はつきたくないし嘘つくくらいなら凍った方が良いとすら思ってるんだけど、それでも必要なら騙りにも出るところとか、

グノーシアとしての使命よりもみんなを守りたいと決心すれば使命を投げ捨てて自分の身を犠牲にしてでもみんなを守るところとか、優しくて芯があるが故に使命と気持ちとで揺れてる人間らしいところが良い。


自分から自白するイベントでは人を消すのは辛くないって言ってるけどグノーシア同士の夜会話やグノ勝利時にせめて私がって言ってるところ見るに全く辛くないわけじゃないんだろうなと思う。


優しい性格と電脳化への懐疑とで二重で悩んでそう。



汚染者の気持ちは画面外にいるプレイヤーにはわからないけど、葛藤はあるものの他の汚染者と同じようにジナだって人間は消してあげるべきと少なからず思ってるだろうし、デブリの衝突で本当に死ぬよりいっそひと思いにグノースの元でみんな平穏に一塊になった方が死ぬよりマシだって少しは考えてもおかしくないのに身を挺してしてみんなを守るんですよねジナは……。


消せるタイミングで消せる人は消したし、他の仲間もみんな冷凍されてしまって実際に船にデブリがぶつかってしまったなら、自分にできる事は船体を修復してみんなを助ける事だからやらない理由はないと思ったんだろうな。


あの宇宙のジナは自分にできる限りのベストを尽くしたんだな。と思う。


自分の立場でできる最善だと思う事にむかって心を決めたら、まっすぐ行動できるそんな強いところが大好きです。

孤独死が怖いって思ってるのに。

宇宙に放り出されて1人で死んでいくの絶対怖かったはずなのに。



ところで、

ジナのイベントでは部屋にやってきたグノジナに告るイベントが大好きなんですけど、テンポと言い空気感といい最高すぎやしません?


あまりにも唐突な愛の言葉にぽっかーんとしたジナが可愛いし、好きって言っといて無言の主人公なんなのって感じだし、戸惑いながらも私も好きって言ってくれるジナ可愛いし、実感が湧いてきたのか噛みしめるように好きって言ってくれるジナ最高だし銀の鍵は空気読まないし、余韻が……。余韻……。


言い逃げってせこくね?って後悔と、あの状態のジナをひとりで置いてきてしまったというやるせなさと、あの後ジナは大丈夫だっただろうかと立場を考えず心配してしまう己の身勝手さに悶絶したイベントでした。大好物ですありがとうございます。




SQ

可愛いムードメーカーちゃんSQちゃん。

もしリアルであの空間にいたら、この子かしげみち辺りのところに遊びに行ってるだろうなって思ったりします。ノリがしっくりくるというか安心するというか。


印象について

正直、

最初は主に「~DEATH」とか、「~だZE」あたりの大文字アルファベットな口調に「あっそーいうノリ?う~~~ん……。」と思ったりもしました。


今では完全に慣れきってしまい全然違和感がなくなりました。慣れって怖いよNE。

この子や言葉が優しい子たちのおかげで議論がギスギスしすぎずにいられると思う。ありがたい存在。


ノリは軽いしコミュ強だけど、慎重で強かで、他人に深入りとか絶対しない。

少なくともそう感じたし、私の宇宙のSQはそういう人です。

そういう人だからこそ、ノマエンでジナと一緒に住んでたりするのに泣いてしまう。


平常時とグノーシア汚染時で2面性が凄いなと思ってたけど、中身が本当に別物なんだからそりゃ凄いですわって。

なんでパッケージがセツじゃなくてこの子なのかとか、いろいろわかった上で俯瞰して見るとなるほど!ってなる、そういう意味でも面白いキャラクターでした。

素で「あ~~~~~!!だからか!なるほどねハイハイハイハイ……」って口から出てた。



恋愛イベントについて

もうみんなが語りつくしてることだけど語らなきゃしょうがないよねっていうのが例の主人公グノーシア乗員SQの2人きりイベント。


あのハの字眉の泣きそうな笑顔に一体何人の人間がハートをぶち抜かれたことやら。

ジナに告白するイベントでもそうですが絶対に離れてしまうのわかってるのになんでそういうことするんだこいつ馬鹿なんじゃないのって思いながら、涙を流しながらその選択肢を選ぶ残酷なプレイヤーです。心がないのか?

でも私の宇宙のセツもそうだけど、一度観測してしまった以上、私の宇宙のあのループのSQの存在も私は絶対に忘れてはいけないんだ……。

それが筋でありケジメなんだ……。そう思って今生きてるしこれを書いてる。



私が最初にあのループのSQと出会ったのは勿論スロット1でなんですけど、一番最初に「隠し事してない?」って言われた時、隠し事については白状したけどグノーシアだとまでは教えてなかったんですよね。


だから最終日に私、レムナン、SQと残った時に手のひら返されちゃって、畜生!そんなにレムナンと居たいのか?許せん!ロマンティックだったのに!って思ったりしたんですけどまぁ仕方ないね。

全部曝け出そうとしない、しかも人外であろう相手の事なんて信用しきれないよね。

中途半端にはぐらかしてくるやつママにそっくりだし。


てか隠し事してるし自分グノーシアです!2人っきりになりたい?いいよ!って言ってくる人外なんて曝け出してても怖いわ。よく2人きりになってくれたよ。

相当覚悟決めた上で2人きりになってくれただろうし、頼れる人が1人もいない中で、恐らく初めて信頼しようとした相手が人外で、しかもループしてしまう主人公だったというのがもう心に来る。


あの後どうしたんだろうって心配できる立場じゃないのに考えちゃう。何度目?



主人公はSQちゃんを消さずにループしただろうから、冷凍された人達を起こすこともできるけど、やった事がやった事だし針の筵だろうな。

特に最終日に濡れ衣着せられて凍らされた人、人によるけどめっちゃ怒りそう。


主人公とは離れちゃったけど、泣いて本気で感情をぶつけたり、明らかに協力したらまずい相手であっても協力関係を切らずに筋を通したり、これまでのSQができなかったことに挑戦した経験を活かして元気に生きていってほしい。

でも身の危険を感じたら手は切った方が良いと思うZE……。相手が主人公だったから良いものの……。



スロット3のこのループでは凍った乗員がジョナス、沙明、ジナ、夕里子、ラキオで、ジョナスが最終日に凍らされた乗員なんですが、

このジョナスは主人公くんに凄く厚い信頼を向けてくれた末に凍ったジョナスなので、人外を信じた者同士として起こされて事情を聞いた後SQに同情して気持ちを共有してあげてほしい。

ジョナスなら人の心は理屈じゃないから的な事言ってくれそうな気がする。

そういう点で救いがある。と思う。まぁ身勝手な妄想でしかないけど。



ノーマルエンドでのジナについて行ったSQを見ても、頼れる相手ができて良かったね……良かったね……と泣かざるを得ない。

ジナも真ENDで話だけ聞いてるとろくでなしなSQに会いたいって言ってたし、こういう子のお世話するのも嫌いじゃないのかもしれない。可愛い。